良い意味での可能性を感じるビットコイン

ビットコインと言うワードは知っていても、実際のところ、その中身はあまりよく分かっていませんでした。
おそらくは、私と同じような程度の人がほとんどでしょう。
注目され始め、実際に取引に利用される人が増えてきたといっても、まだまだ取引通貨としての認知度は、それほどではないと思います。
しかし、もしもその中身をしっかりと理解する人が増えたり、認知度が今以上に高まるようでしたら、新たな取引媒体として、既存のどれよりも利用者が増える可能性があります。
私もビットコインについて、少しずつ知識を蓄えていっているのですが、その蓄積が増えるごとに、魅力的だと感じるようになっていきました。
売買は専用の取引場で行なわれ、その手数料も思ったより安い。
しかも決済のスピードは、銀行の営業時間内での取引であれば、翌日には決済完了となります。
今後注目すべき点は、ビットコインを使える先がどれだけ増えるかという点です。
現在ある現金支払い、クレジットカード払い、銀行振り込みや代引きと同じレベルまで浸透していけば、自然と利用者は増えると思います。
そして決済導入にかかるコストも安いので、そう遠くない未来で、私の願いは実現するものと予想しています。

このページのトップへ